忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記
 先日の土日、天気が悪いという情報から、整備を急がなければ、と思っていた矢先、ついに降雪。それも除雪を必要とする降雪量。しかし、わがHS80K0は、エンジンベッドにエンジンを搭載したばかり。オーガ部分はバラバラ…。
 土曜日の朝8時ごろから3時間かけてオーガー部をとりあえず組み上げ、エンジンベッドに接続し、なんとか一応使える状態(各種の調整が不完全…)にし、いきなり除雪作業となりました。
 やはり、焦って組み上げるとミスが続発。仮締めで本締めを忘れていたボルトがいくつかあり、そのうちの一本は作業中に脱落、紛失するという恥ずかしいミスをしでかしてしまいました…。
 しかしながら、今年度の初戦にとりあえず間に合い、十分な働きをしてくれました。
 ベアリング交換のお陰か、移動はスムーズ、少し雪の飛びも良くなっているような?

・ベアリング交換開始!
 さて、時は少し戻ってさらに一週前の土曜日。オーガのベアリング交換のため、不安のあったオーガドリブンプーリーの外しに取り掛かりました。実は以前にベルト交換をした際、試しにプーリーを固定しているボルトを外そうとしたところ、緩めることができず、一度あきらめていた経過があり、プーリーを外すことはもとより、このボルトを外せるかどうかも大きな心配でした。

・プーリー固定ボルトを外せるのか
 やはりメガネレンチをかけて緩めようとすると、オーガドライブシャフトごと回転してしまい、前回同様、上手く緩められません。どうしたもんかな、と考えていたところ、ちょっと危険ですが、シューターの穴から手を突っ込み、インペラを押さえながらメガネレンチを回せばいいのでは、と思いやってみると、ついにボルトを緩めることに成功しました。しかしながら、この方法、もしハウジングとの間に指を挟まれたら大けがするかもしれませんね…。反省。
 
・問題のプーリー本体
 さて、次はプーリー。やはり心配したとおり固着しているようで、CRCを吹いて、手で動かしてもびくともしません。ここで、このために購入した、200mmの直径まで対応している3本爪プーリープーラー。この新兵器を投入しました。

・プーリープーラー
 この際、ネット情報では、プーリーを固定していたボルトが入るネジ穴の山をつぶす可能性があるため、センターにポンチで凹みをつけた捨てボルトを用意しこの上からプーラーを使うとよい、という情報があり、これを検討しましたが、オーガドライブシャフトはテーパー状の穴の奥からネジ溝が始まっていてしばらくネジがなく、このようなプーラー等の使用に配慮しているような様子があり、大丈夫なようになっていると判断できたのでそのままプーラーを使用しました。
 しかし。この新兵器により、かなりプーリーがしなる状態になってもまったく抜ける気配がありません。もう少し無理にプーラーのボルトを捻じ込み、引っ張ることもできますが、プーリーが変形する心配が強くなり、この日は一旦撤退しました。
 
・次の一手
 頭を冷やしつつ次の手を検討したところ、これまでやったことがなく、自信がないものの、火を使って固着を解除、引き抜くしかないだろうという結論に至りました。
 一番、よく分からないのは加熱加減。今回は、ベアリングを交換するため問題ありませんが、加熱しすぎるとオイルシールを破損するということなので、ベアリングのシールを劣化させてしまう心配があるようです。さらには、鉄が熱によって影響を受け、強度が下がるのではないかという心配もあります。ネット情報ではこのような場合、赤熱状態までと書いてあるものもあれば、手で触れられない程度でよいというものもあります。
 鉄は550℃くらいで強度が低下する性質があるそう。見た目やや赤黒いような状態になると600℃であるという情報と総合すると、赤熱状態まで加熱するのはやりすぎと思われます。たぶん、ある程度温まるだけでわずかとはいえプーリーが膨張し、固着が取れるというのが正しいのだろうと考え、カセットガスによるバーナーを購入しました。

・炙り作業
 翌日、作業へ。バーナーで30秒くらいシャフトをなるべく暖めないよう、周辺を炙ったあと、プーラーをかけチャレンジしてみました。1回目は上手くいきませんでしたが、さらにCRCをキー溝から投入、2回目を試みると、「ガコッ」という音とともに、プーリーが動き、破壊することなく外すことができました。

・次なる問題…
 しかし、このプーリーを外すところまでがオーガ部整備の山だと思っていましたが、わがHS80K0のオーガー部は問題だらけでした…。
PR
 久しぶりに除雪機、HS80です。
 夏の間にメンテをしようと思っていましたが、相変わらず何もしないまま10月となりました。
 
 我が家のHS80K0は、エンジンによらず、人力で移動させる際、非常に重く、数m動かすにも大変な難儀を強いられていました。
 
 他の除雪機をいじったことがないので、「こんなもんかな?」と思っていたのですが、とある業者様のウェッブページを見ていると、HS80K1のトランスミッション内ベアリング交換の記事があり、手でクローラーを回すと、手を離したあと少し惰性で回っている映像が…。本来、そんなに軽くまわるのか?
 私にとっては大変な衝撃…。我が家のHS80K0は、駆動系に問題がありそうです。やはり、ベアリングの劣化?それともグリス切れ?。このまま使用していて、もし、ギアが欠けたりした場合には入手が困難です。早めに対処せねば。

 この業者様はHS80のベアリングも融通してくださるそう。ホームセンター等でベアリングをそろえた方が安いことは分かっていましたが、一部型番に自信がないベアリングもあるので、この業者様に相談し、トランスミッション内とオーガー関係のベアリングを購入しました。
 このときには既に春。夏の間に、と思っていましたが結局作業できず。今年の冬が近づいてきたこともあり、ようやく重い腰が動き、交換作業を開始しました。

 オーガーを分離し、エンジンを降ろしエンジンベッド(シャーシー?)のみにし、いよいよ駆動系です。ドーム型のゴム製フリクションディスクシャフトカバーを外すと、トランスミッション内が見えます。早速カバーを開けてみると…

 ん?グリスは劣化しているものの、まだ機能している感じ?。…ということは…。
 疑念を感じつつ、フリクションディスクシャフトを抜くと、シャフトのギア部分の磨耗は想像していたよりもはるかに少なく、良好な状態。シャフトを戻して手で回してみると、スムーズに回ります。むぅ。もしかしてこの作業はしなくても良かったのでは…?

 しかしながら、ベアリングも購入してあるので、気を取り直し、交換することにしました。


写真は清掃後のカウンタギア、ファイナルギア、トランスミッションケースです。よくよく確認すると、カウンタギアに入っているニードルベアリングに気持ちガタが出ていたり、トランスミッションケース側、フリクションディスクシャフトを支えていた6002ボールベアリングが少し傷んでいたりと全く今回の交換が意味がないわけではなかったのですが、我が家の利用環境では走行距離も非常に短く、まだまだ大丈夫であったようです。

 では、なぜあんなに重いのか…。これはまだ確定しているわけではないのですが、分解している途中に原因らしきものに気が付きました。フリクションディスクとドライブディスクの接触は、チェンジケーブルによってクラッチ動作として行われているわけですが、このチェンジケーブルにテンションを与えるために、エンジンベッド下部で、アジャストボルトという調整用のボルトにスプリングがかけられ、チェンジケーブル、クラッチアームにつながっています。
 分解時、下面を見てみるとこのアジャストボルトが、走行時に何かにぶつかったようで、ボルト自体は曲がらなかったのもの、ボルトが固定されているエンジンベッドのフレームが45度くらいの角度で後方に曲がってしまい、ボルト全体が斜めになっていました。
 このため、有効長が短くなってクラッチが完全に切れていない状態になっていたのではないか、と思われました。

 フレームの曲がりは修正したので、今度は上手くいくかな?現在、クローラの再組み立てまで終了しました。先の業者様ほどスムーズではないようですが、手で押した感じは軽く、かなり良さそう。
 次はエンジンを搭載し、オーガーのベアリング交換に突入せねば。雪が降る前に間に合うかな?
 
 先日、シューターをK1用に入れ替えました。時間がなかったのでシューターワイヤーはそのまま、シューターのみ変更したのですが、シューターワイヤーの長さが異なるらしく、使用は可能なものの、コントロールパネルで一番下位置まで操作できません。最後から3段目くらいまでしかいかなくなってしまいました。
 今回、たまたまワイヤーが付いて来ているので、時間があったら交換してみたいと思います。

 さて、シューターの効果ですが、K1用シューターに変更後、2度ほど雪が降りました。
 いずれもそれほど量が降っていないため、今ひとつ効果がわからないのですが、飛びに関しては、気持ちよくなったかな?程度で、ちょっと残念。
 しかし、除雪作業後、シューターの内側を見ると、これまでは雪が付着していたものが全く付いていません。交換したK1用シューターは、これまで使っていたK0用シューターよりも内面の塗装状態がよい状態です。やはり、塗装による雪離れの違いがありそう。

 よくよく思い返してみると、作業中も以前のシューターでは、常に雪がバラバラに飛んでいましたが、新シューターだと、たまにまとまった飛び方している時がありました。
 その飛び方は、ガバナスプリングを受領に行ったときに見かけた除雪機と同じ飛び方です。

 オーガハウジング内のインペラ付近を見ると、雪がハウジングに張り付いている…。わがHS80のハウジングもインペラ周辺の塗装が痛んでおり、この部分に多くの雪が張り付いています。これが、ハウジングに張り付かない程度の雪離れになれば、もっと飛ぶのではないかと感じました。
 
 総合すると、塗装の劣化によって飛びが悪くなっている可能性が高くなってきました…。結局自分で検証せずとも、ネットで整備屋さんや、詳しい人が書いている通りですね(^^;。K1用シューターは必要なかったかも…。
 

 なるべく余計な手を入れず、原型機の姿を留めるのが私、tacarbonのモットーですが、投雪距離にこだわるあまり、HS80K1のシューターを購入してしまいました…。左がK1シューター、全高約60cm、右がK0シューター、全高約47cmです。

 まぁ、すぐに戻せる流用だし、こちらを使っている間にK0のオリジナルの方の塗装を直してやったりできるのでよしとしましょう。

 HS80K0(前期)とHS80K1(後期)は、外観的にはこのシューター、クローラー、コントロールパネル(バックが2速ある)あたりが大きく異なっていて、見分けるときのポイントです。
 雪を飛ばすことに関連するオーガ、ブロア周りでは、私の知る限りだと、シューター、ブロアのインペラが異なっています。シューターは全体として13cm程、長くなっています。インペラは、K0のものが四角いベースプレート上に4枚羽となっているのに対し、K1のものは小型の円形ベースプレート上に3枚羽となっています。

 K1を使ったことがないので4枚羽と3枚羽の違いはよく分かりませんが、私の経験では、K0のインペラは、ベースプレートが大きいため、除雪作業後、雪を落としておかないとベースプレートとオーガハウジングの間に挟まった雪が凍結し、インペラが回転しなくなることがあり、この対策としてベースプレートが小さくされたものと思います。

 シューター、もしくはインペラのいずれかもしくは双方の違いにより、カタログスペックの投雪距離12m(K0)と15m(K1)の違いになっているものと思われるので、今回シューターを交換してみることとしました。さて、効果のほどは?


 ガバナスプリング、部品がお店に到着したとのことで、受領しにいってきました。
 その帰り道、信号待ちをしていると、交差点のむこうで、10mくらいの白い放物線が見えました。この時期なのでまず除雪機?と思いましたが、もし除雪機ならあんなに飛ばないのでは?と思い返し、とすると、消防団ポンプの放水か、と考えました。しかし、この季節に、放水訓練はあんまりしないだろうし…。やはり除雪機以外はない、と最終的に結論づけ、通りがかりに見てみました。
 
 結果は、やはり、小型除雪機。しかも、わがHS80の8馬力級か、それ以下のタイプです。
 むぅ…。かなり雪が飛んでいますねぇ…。カタログスペック的には、最近の小型機では15m程度。わがHS80K0は最大12m(K1は15m)。となると、あそこまで飛ばないにしても、もう少し飛ぶはず。やはりうちのHS80は飛びがよくないことが分かりました…。ちょっと力が入ってきました。

 家に着くと、さっそく、ガバナスプリングを交換。写真は新スプリングと旧スプリングです。旧品の方が端部の処理よいですね。新、旧の伸びは同様で劣化しているわけではないようです。確認できましたが、念のため交換しました。

 あわせて、回転数調整。いままで、回転計がなかったのでまったく調整していませんでしたが、回転計が届いていますので、パイロットスクリュから調整。
 締め込みすぎると、スクリュに段をつけてしまうことがあるそうなので、外した旧キャブレターでまず練習。旧キャブレターのパイロットスクリュをドライバーで回してみます。
 ふむ、こんな感じで全閉なのか…。しかし、3回転以上回るとはどういうことだ?合っていなかったってことだなぁ(^^;。

 次に、本番です。まず、パイロットスクリュをそっと締めこんで、と……ん?3回転以上まわった?こっちもか?
 キャブレターが新品だったので、パイロットスクリュは最初から規定の1と1/2回転あたりにあると思っていましたが、3回転以上の緩んだ場所でした。ふむ、やはり確認せねばならんのですね(当たり前(^^;)。

 さて、一番締めこんだ場所から、パイロットスクリュを1と1/2回転戻し、これでよいはず。
 エンジンをかけてみる。一発始動!。おおっ!これまでにない安定回転!。やはりパイロットスクリュは重要でした。さっそくアイドル回転を調べてみると、2000回転。ふむ。ちょっと高めだったんですね。キャブのスロットルストップスクリュを回し、マニュアルどおり1700回転程度に調整しました。

 次に懸案の最大回転計測。結果は4000回転。ふむ。規定より回ってますね。回転があるということは、パワーが出るのですが、冷却や各部への負担(ご老体ですので…)を考え、やはり規定の3600回転程度へ調整。コントロールベースの5×20mmスクリュ(正式名称不明。コントロールレバーストップスクリュ?)を回して合わせました。

 …ということは、この間、すこし飛距離がでるようになったのは、回転が上がったせいで、今回のこの調整によりまた元(最大6m程度)に戻ってしまうと思われます。残ったのは、シューター内面の塗装。しかし、塗装だけでこうも飛ばないものなのかなぁ?
<<   前のページ    + HOME +    次のページ   >>
Admin + Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]