忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記
いちおう使えるようになったFLASH METER IV、しばらくテストを行ってみましたが、やはりたまに数値を表示しないことがありました。原因追求とメモリークリアーボタンの修理のため、測光部、本体部をこの前より深く分解してみることにしました。

 結論としては、配線のハンダを外さないと完全分解はできないことが分かりました。本体と測光部がつながる首の部分ですが、筒状に成型された部分に配線が通っていて、この配線、コネクタ接続ではなく、両端がはんだ付けです。生産時は、筒状の部分に配線を通してからハンダ付けしているようです。となると、生産性悪そうですが、こういうもんなんでしょうか。

 僕の技術では、ハンダを外さないと安心して基盤をいじったりできないため、かなりあきらめムード。
 なんとか、隙間からボタンのゴムを引っ張り出し、メモリークリアーボタンの接点ゴムにアルミホイルを加工したものを両面テープで貼り付けました。
 組み上げて動作チェック。…接点が劣化したと思っていましたが、そうではなかったようでやはりボタンが効きません。なぜだろう?
 インターネットを調べてみると、他にも同じくメモリークリアーボタンが効かない個体があるよう。う~ん、これは修理が難しそう…。またもや撤退となりました。

 なお、測光値を時々表示しない件は、測光部左肩上部の例のボリュームの足のハンダが外れており、このために接触したりしなかったりして表示したりしなかったりすることがこの組み立て途中で分かりました。
 ハンダ付けで補修し、こちらの障害はおそらくこれで完治。

 受光球が欠品で、IIIの受光球を利用して使用しているため、もう一つ受光球を買おうと思いましたが、オークションにはなかなか受光球はありません。平面受光板があったのでこちらを落札しました。いろいろ調べてみると、受光球でなく、平面受光板で返って良かったかも?
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<   FLASH METER IIIとVIEW FINDER5°    + HOME +    FLASH METER IV & III   >>
Admin + Write
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]