忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記

 去る2月上旬、嫁さんの実家から帰るにあたり、下の子を左手に抱きながら、パスポートスリングを右肩に掛けようと右手で持ち上げ、肩に掛けたところ、上着が滑りやすい材質だったせいか、右手に沿ってスルスルと滑り、フローリングの上に、底部から落下しました。

 中腰だったので、高さは20cmくらい。中には背面を下側、マウント側を上向きにしたD200と、マウントについたDX18-105VR。
 一瞬、固まりましたが、水平に落下したように見えたので、収納部の底にはクッションがあるし、壊れてはいないのでは?壊れているとしたら、D200だなぁ、と考え、そのまま帰宅。

 家に帰ってパスポートスリングを覗くと…。マウントに付けてあったはずのDX18-105VRがD200の上でヨコになってる…(T-T)。写真のとおり、見事にバヨネットの爪が3つとも折れていました…。

 D200は、どうやら無事のよう(DX18-105VRしかもっていなかったのでテストできませんでした…)。しかし、底面から落ちて、収納状態はボディを下にしてレンズ上向きだったのに、何でレンズのマウントが壊れたんでしょうか。たいした高さではないと思いましたが、やはり衝撃はそれなりだった、ということだと思いますが、このことをとりあえず忘れて理由を考えてみました。

 DX18-105VR購入時からちょっと気になっていましたが、本レンズはプラスチックマウントです。
 DX18-105VR自体はかなり軽量なレンズなので、プラスチックマウントでも強度は一応十分であると思います。私もほかにAマウントで2つのプラスチックマウントレンズを持っており、使用実績からプラスチックマウントに対する不安はあまり感じていません。

 しかし、現実的にプラスチックマウントが見事に大破。なぜか。この答はD200にあるのではないでしょうか。D200の重量は830g(A700 690g、D7000 690g)と重量級。このことから、モーメントはかなり大きなものになると思います。
 落下時、クッション材で跳ね返ったDX18-105VR付きD200が、DX18-105VRからバッグの蓋にぶつかり、正面から見たボディに対し、レンズがやや右側についていることから、D200の体重による斜めの応力をマウント部に与え、プラスチックマウントが破損…、こんなシナリオではないでしょうか。

 ほんとのところは分かりませんが…。やはり、落としたことは事実。プラスチックマウントのせいにしてはいけません。買うほど費用がかかりそうなことは分かっていましたが、取り扱いが雑になっていたことを後悔しつつ、このレンズを修理することにしました。


 一昨日、無事に帰ってきました。ニコンのホームページ上の見積もりでは23kほどかかる見込みでしたが、実際は12k。マウント部品が12kの見込みが480円と、非常に安価に済んだようです。よかったよかった…。
 
 …しかし、ネット情報を調べていると、DX18-105VRのマウントが壊れる事例は結構多いようです。しかも、D700などの重量ボディとのコンビのケースで…。う~ん、注意せねば。

 さらに、注目すべき情報。このレンズのプラスチックマウント、他のレンズの金属マウントと交換できるようです。破損した方がジャンクで入手した他のレンズの金属マウントと加工なしで交換できたそう…。おそらく、AF-S系だと思われますが、どのレンズと交換できるのか、よく分かりませんでしたが、興味ある話題です。

 …まぁ、せっかくニコンで修理してもらったレンズなので、金属マウントを入手できてもすぐに交換したりはしませんが(^^;。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<   2度目の発表会撮影    + HOME +    α7000・α7700i・α707siのグリップ修復   >>
Admin + Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]