忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記
 無計画に改造したA28-70/2.8G用花形フード(EW-78B改と呼ぶことにします)ですが、ケラレはないのか。
 EW-78B改は全体としては、A100-400用フードのバヨネットを貼り付けた分だけ2mmほど長くなっています。EW-78Bの本来のバヨネットは内側。レンズ側バヨネットとレンズの関係がEF28-135とA28-70Gでは異なると思われるため、単純には判断できませんが、長くなっている分135フルサイズではケラレの可能性があります。
 このため、作成中から若干心配していたこの点を検証しました。

 ノーマルフードは、28mm画角の角部分を基本に作っていると思われるため、ノーマルフードと一番低い部分を比較することでケラレる可能性がわかると思い、寸法を測ってみました。ついでにDimage A2(28-200mm相当)とA24/2.8のフードの寸法も測ってみました。



 ノーマルフード 直径約105mm 高さ27mm 高さ/半径0.514
 EW-78B改    直径約95mm 高さ22mm 高さ/半径0.463

 DimageA2用   直径約65mm 高さ17mm 高さ/半径0.523
 A24/2.8用    直径約69mm 高さ12mm 高さ/半径0.348
 
 レンズ側バヨネットとレンズの位置関係、縦横比が異なると思われるため、DimageA2用やA24/2.8用とは単純な比較ができないとは思いますが、どうやらEW-78B改は若干浅いようでケラレの心配はなく、角の部分の遮光では甘さがあると思われます。しかしながら、24mm用よりは深いようなので、まぁ良しとすべきでしょうか。
 正確に芯出ししながら、EW-78Bの直径を大きく出来れば、当初の予定どおり短く切ったA100-400用フードをはめ込み、長さを調整するのがよかったのでしょう。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<   SLIK 724EX    + HOME +    A28-70/2.8G その3 花形フード化   >>
Admin + Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]