忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記


 ガバナスプリング、部品がお店に到着したとのことで、受領しにいってきました。
 その帰り道、信号待ちをしていると、交差点のむこうで、10mくらいの白い放物線が見えました。この時期なのでまず除雪機?と思いましたが、もし除雪機ならあんなに飛ばないのでは?と思い返し、とすると、消防団ポンプの放水か、と考えました。しかし、この季節に、放水訓練はあんまりしないだろうし…。やはり除雪機以外はない、と最終的に結論づけ、通りがかりに見てみました。
 
 結果は、やはり、小型除雪機。しかも、わがHS80の8馬力級か、それ以下のタイプです。
 むぅ…。かなり雪が飛んでいますねぇ…。カタログスペック的には、最近の小型機では15m程度。わがHS80K0は最大12m(K1は15m)。となると、あそこまで飛ばないにしても、もう少し飛ぶはず。やはりうちのHS80は飛びがよくないことが分かりました…。ちょっと力が入ってきました。

 家に着くと、さっそく、ガバナスプリングを交換。写真は新スプリングと旧スプリングです。旧品の方が端部の処理よいですね。新、旧の伸びは同様で劣化しているわけではないようです。確認できましたが、念のため交換しました。

 あわせて、回転数調整。いままで、回転計がなかったのでまったく調整していませんでしたが、回転計が届いていますので、パイロットスクリュから調整。
 締め込みすぎると、スクリュに段をつけてしまうことがあるそうなので、外した旧キャブレターでまず練習。旧キャブレターのパイロットスクリュをドライバーで回してみます。
 ふむ、こんな感じで全閉なのか…。しかし、3回転以上回るとはどういうことだ?合っていなかったってことだなぁ(^^;。

 次に、本番です。まず、パイロットスクリュをそっと締めこんで、と……ん?3回転以上まわった?こっちもか?
 キャブレターが新品だったので、パイロットスクリュは最初から規定の1と1/2回転あたりにあると思っていましたが、3回転以上の緩んだ場所でした。ふむ、やはり確認せねばならんのですね(当たり前(^^;)。

 さて、一番締めこんだ場所から、パイロットスクリュを1と1/2回転戻し、これでよいはず。
 エンジンをかけてみる。一発始動!。おおっ!これまでにない安定回転!。やはりパイロットスクリュは重要でした。さっそくアイドル回転を調べてみると、2000回転。ふむ。ちょっと高めだったんですね。キャブのスロットルストップスクリュを回し、マニュアルどおり1700回転程度に調整しました。

 次に懸案の最大回転計測。結果は4000回転。ふむ。規定より回ってますね。回転があるということは、パワーが出るのですが、冷却や各部への負担(ご老体ですので…)を考え、やはり規定の3600回転程度へ調整。コントロールベースの5×20mmスクリュ(正式名称不明。コントロールレバーストップスクリュ?)を回して合わせました。

 …ということは、この間、すこし飛距離がでるようになったのは、回転が上がったせいで、今回のこの調整によりまた元(最大6m程度)に戻ってしまうと思われます。残ったのは、シューター内面の塗装。しかし、塗装だけでこうも飛ばないものなのかなぁ?
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<   スリングショット202AWと本 その2    + HOME +    D51 921   >>
Admin + Write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]