忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記
 さて、城跡についての初回の記事は、名護屋城にしたいと思います。
 僕が城跡に興味を持つきっかけはいくつかありますが、教科書に出ていた「太閤が睨みし海の霞かな」の歌碑と、夢の跡と化した名護屋城の写真は、良く記憶に残っています。いつか、行ってみたい…。そう思っていました。
 2004年、ついに実現しました。諸般の事情で、ゆっくりとは見れなかったのですが、想像以上です。城に興味を持つ方で、まだ行ったことがなければ、ぜひ行ってみていただきたいです。本やWebページの情報のとおりですが、規模が豊臣秀吉が作った感じをよくあらわしています。イメージで一番近いのは、大坂城です。大坂城は豊臣秀吉の城として有名ですが、現在の大坂城は徳川幕府による再建で、秀吉のものではないのは周知のとおりです。写真で見ると、大坂城は他の城とあまり代わり映えしませんが、多くの城を見て回った後だと、大坂城の櫓にしろ、石垣の石一つにしてもパーツの一つ一つがバカでかいことに気がつきます。写真では、違いがわかりにくいのです。
 名護屋城も、この雰囲気を持っています。大手入口の櫓台からして巨大です。大坂城のものに比肩できると思われます。徳川大坂城は、この技術の延長線上にあるということが想像されます。短い名護屋城の存在期間に、すでに何回も行われていた改修工事痕、破壊されている石垣から想像される往時の姿。城跡めぐりの楽しさを満喫できました。
 そして、本丸、天守台。あの歌碑がありました。往時、ここにどんな天守が建っていたのでしょう。
 お勧めの城跡です。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<   バウンスリフレクターII III V2    + HOME +    バウンスリフレクターII III V   >>
Admin + Write
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]