忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記
 恒例の情報処理技術者試験、2013年春も受験しました。科目は情報セキュリティスペシャリスト。今回の受験前で、春試験の残り科目は、エンベデッドと情報セキュリティ。今後どうするのか迷っていたこともあり、取り組みやすそうな情報セキュリティを選択しました。

 最近は勉強時間がほとんど取れていないので、効率的な学習、せめて受験までに1周は参考書を読まねば、と思い、いつもの2部構成のTAC出版には拘らず、ネットで情報を集めて良さそうな参考書を選ぶ事にしました。
 最終的に、秀和システムの「ポケットスタディ 情報セキュリティスペシャリスト」を選びました。
 届いて早速読んでみる…。ううむ。なんだこれは?作者の人柄が文章に表れてる(^^;。文章が砕けていて、とっつきやすさはあるのでしょうが、美しい日本語を好む(?)僕はあまり好きではない…。
 内容的にも、試験の解答に必要な最小限度にシェイプアップされていて、テキストを読んで、いろんなことを知るのが好きな僕には物足りなく感じました。

 そんなこんなで、勉強時間が十分でない中、テキスト選びに失敗したと思う気持ちもあって、結局、40%程度しか進まずに試験日がやってきてしまいました。さすがにこれでは合格は無理だろうと、現時点での到達状況の確認を受験の主目的とし、来年度は新たなテキストを購入してじっくり取り組もうと思い、軽い気持ちで受験しました。

 まず、勉強が十分でないために不安なのは午前2。しかし、半分以下しか読んでいないポケットスタディの内容を中心に意外に分かる問題が多く、この段階で午前通過は確信しました。ここでちょっと色気がでてきましたが、午後1は勉強不足の場合は結構難関であることを承知していたので、午後1でだめかなぁ、と思いながら午後1を受験。
 …意外に書ける?。午後1もポケットスタディで学んだことが結構でてる。いけちゃうかも、と思いながら午後2。やはり午後2は勉強不足がもろにでてしまい、若干解答を迷いながら記載。最終的には「だめそう」と思いながら会場を後にしました。

 合格の可能性を感じたのは、1ヵ月後くらいに解答例を見たとき。概ね書いたことと一致しているような?
 昨日、結果発表。午後2が思ったより悪かったですが、ギリギリ合格していました。
 これまでの他科目の受験で素地があったことも大きいと思いますが、参考書として気に入らなかったポケットスタディ、これの効果は否めません。40%でも結構試験に出ていました。やはり出やすい部分を前半に置いているせいなのでしょうか。ジオング以下の完成度でも合格できるとは恐るべし…。でも、やはりTAC出版の方が僕には合ってるかな?。
 まぁ、やはり試験合格はおまけであって経過で学んだことが重要だという観点からは、意味合いが少ない合格でしたが、とりあえずよしとします。これで残るは3科目。しかし、続けるかどうかの迷いは相変わらず…。
PR
 2012年は、情報処理の勉強において、大きな年となりました。
 このところ、すべてが子供中心に回っており、ほとんど勉強しないまま、秋試験では、ST(ITストラテジスト試験)を受験していましたが、なんと結果は合格。

 合格となった今にしてみると、午後1はかなり出来た感触がありました(しかし、採点結果は68点なので、それほどでもない…)。午後2の小論文も前回(平成22年)に比べると、題意には沿っていたと思えて、合格もあるのでは、と思うレベルでした。しかし…。
 試験の翌々日、休憩時間にふと午後2の最初で、「論述対象のシステムの概要」という、本文の参考資料的な部分について、後で書こうと思い、後回しにした部分を書き忘れたことに気が付きました。
 ネット情報を検索してみると、この部分は採点対象。以前の講評では、「内容自体は十分だが、論述の概要等が未記入のため、評価を下げざるを得ないケースがあった」などと発表されていたりと、評価に影響することが分かり、不合格必至と思っていました。

 今回、はっきり言って運で合格した部分も大きく、ここに記載することは憚れる部分もあるのですが、「論述対象のシステムの概要」が未記入でも合格することがあるということを情報提供することに価値があると思い、記載しました。

 さて、AU、STと勉強中の科目が今年度で合格してしまい、現時点では目標がない状態になりました。春はなんとなくSCを受験しようと思っていますが、秋はどうしようか迷っています。SAに気持ちが傾いていますが、少しばかりこれを機会に受験を止めてもいいんでは、とも思っていたり(たぶん受けますが(^^;)。
 以前にも書きましたが、自己研鑽を兼ね、情報処理技術者試験を受けています。
 ここのところ、AUとSTを受けていますが、諸般の事情であまり勉強せずに受験しているため、どちらも不合格が続いていました。
 午前1の免除がなくなっていたため、勉強不足は否めませんでしたが、今後の午前1免除を受けることを目的に、受験してきました。
 同じ教室で午前1を受けたのは僕を含め3人。午後になっても8名くらいでした。
 ある意味、合格はないと思っていたので非常にリラックスして受けたのがよかったのかもしれません。午前2がポカミスをやりまくり、不安でしたが、午後1はかなり回答できた印象。午後2は演習もぜんぜんやってなかったので、ネタにつまりながら字数ぎりぎり。
 ただし、前回、前々回に比べると、問題に素直に答えた論述になった印象がありました。
 そして6/15。発表を見てみると、午前2、午後1はすれすれ60点、午後2はA。合格していました。
 自信を持ってAUに合格したと胸をはれないことを十分承知している自分と、合格してほっとしている自分と、正直複雑な気分ですが、ひとまず終戦となりました。
 3月11日、出張中でした。よく知らないビルの4階。尋常じゃない長い揺れ。私は周りに流され、ただただ、避難もできずにビルが崩れないのを祈っていました。会議は地震で中止となり、程なく携帯が使えなくなりよく状況も把握できないまま帰路へ。私はちょっと大きめな地震で混乱しているんだな、程度に考えていました。
 しかし。
 この地震で多くの方の運命が変わっていました。
 突如命を絶たれてしまった方々の気持ちはいかばかりか…。
 特に、小さな子の親として、生まれたばかりの乳児や幼児、小中学生の子どもが大勢亡くなっている現実に理不尽さを感じずにいられません。
 亡くなられた皆さんのご冥福、被害に遭われた方の一刻も早い復旧を祈ります。 
 
う~ん。PDCAサイクルについて、wikipediaからの抜粋です。

  1. Plan (計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。
  2. Do  (実施・実行):計画に沿って業務を行う。
  3. Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
  4. Act (処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする。
 Act、これでいいんでしょうか。まず、計画。これは行います。で、計画に沿って実行。そうですよね。
次の点検。計画どおりできたか、点検。これもよいです。現実には、計画と実行は異なっていることが多いので、計画と実行の差がわかります。で、処置、改善。wikipediaの意味だと、計画と実行の差の原因を調べて、「再実行」する、ということになると思います。そうではなくて、点検の結果、計画に問題がある部分を見つけることだと思います。原因に対処するには計画時に想定していた要素で十分であったのか、もし、不十分であったのなら盛り込んで、計画を修正できるのか、もしくは次の計画に盛り込めるのか検討するといういのがactの本質ではないでしょうか。
 で、前回のDでできなかった部分については、新たなP-Dで実施する。直接、「実行」するのではなく、計画を修正し次の実行をすることで「実行」する。だからこそ、PDCA,Actを中心にするとAPDCで、Pの前にあるんだと思います。ということで、「実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする」、ではなくて、「実施が計画にそっていない理由を調べて、対応方法を検討する」、あたりが正しいと思います。実際は当初の計画に無理があって、成果の範囲を減らすという場合だってありますから。
 計画というのはあくまで計画で、不完全であたりまえ。この意味から、計画の修正というのは本質的に必要なことです。PDCAサイクルは計画の管理手法だと思います。工場で言えば工場長の仕事はP,C,A。Dについては従業員の仕事(このDの中にはまた小さなPDCAがあるかも)。Dに問題があるからといって、Aで工場長が現場に入って作業を手伝ったりはしないのです(実際は、私のところもそうですが、小さな職場だと計画者と実施者は同じなので混同しやすいですよね…)。
 また、「PDCAサイクルは、一旦始まったら引き返せない、あるいは失敗の許されない計画には使えず、一般的な管理手法ではない。」についてもまったく間違ってるとは思いませんが、一度きりの事業であっても、なるべく細かなマイルストーンを設定して、そのマイルストーンごとにPDCAサイクルを実施することで、かなり有効な手法として使えるので、誤った理解ではないかなぁ、と思います。
<<   前のページ    + HOME +    次のページ   >>
Admin + Write
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]