忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記

 もともと、クイックシューを使ってみたくてSLIK 724EXを買いましたが、少し使ってみると、確かに機動性は高いものの、僕の使用頻度(三脚と分離・合体する回数)では、あまり機動性は重要でなく、普通の雲台の方が固定安定度的に向いているのでは、と最近思っています。特に、同じ機材を一回しか分離合体しない場合は、返って手間だったり。とはいっても、子供連れで撮影する場合、クイックシューがあった方がいい場面も確かにあります。
 先日UT-63Qを購入し、こちらもクイックシューですが、シュー(QRA-35L)が一枚だとなにかと不便なので、もう一枚買い足すにあたり、SLIK 724EXの雲台(SH-716E)をVelbon製に交換し、クイックシューを統一してしまおうとちょっと考えました。
 しかし、前述の考えに少し傾いていることもあり、雲台はクイックシューでないものにして、QRA-635L(ベースとQRA-35Lのセット品)を購入し、必要なときだけ使用する方法もあるかなぁ、とも考えたり…。
 しかし、724EXもろくに使っていない状況で、またコストをかけるのはどうかなぁ、と思い、最終的には、UT-63Q用にQRA-35Lを一枚購入することにしました。
 検索していると、724EXの雲台、SH-716Eはすでにモデルチェンジを繰り返してるわけですが、後継雲台のSH-726E N用として、6256(SH-716E用のシュー)に似たクイックシューの新型が出ているのを見つけました。「カメラのベース面をゴムからゴム入りコルクにし、密着性を高めた」そうです。むぅ。SH-716Eの気に入らない点が、6256がすべりやすいことだったので、これは良さそう。
 SLIKのホームページには明記されていませんが、この新型スペアクイックシュー(型番6256N)は、6256と互換性があり、SH-716Eに使えそう。早速購入してみました。写真は、左が三脚付属品の6256、中央が買い足した6256、右が6256N、下は買い足したQRA-35Lです。
 裏面をみると、6256Nも6256の型番が刻印してあり、ベースは全く同じものであるようです。SH-716Eにももちろん使えます。実際にまだ使っていませんが、カメラに締め付けて試してみると、やはり6256Nは滑りづらく、かなりいい感じです。次にいいのは三脚付属品。買い足した6256はなぜか表面が三脚付属品と異なり、これが一番滑ります。使い込むとまた変わるのかな?なんにしろ、6256Nは良いです。
 カメラの背当てがあり、面積も広いQRA-35L。カメラに付けて比べてみると、実は6256Nよりも滑ります。もちろん、背当てを使えばいいのですが、背当てを出すと、前後位置が今ひとつ。そしてカメラによってはやはり背当てが有効に使いづらい。
 う~ん。QRA-35Lに統一しなくて良かったかも。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<   プリキュアオールスターズ NewStage2のミラクルダブルハートライト電池交換    + HOME +    A50/1.4newとA35/1.4Gのボケ具合の比較   >>
Admin + Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]