忍者ブログ
写真、機材、史跡等々についてのつれづれ日記
 このところ、降雪が数回あり、HS80の出番が2,3回ありました。
 特に、昨日は今シーズンこれまでで一番降雪量があり、久々にオーガハウジングの高さを超えました。こうなると、サイドカッターが欲しいところですが、格納等に邪魔になるので、スコップで崩すことにします。

 いつもどおり除雪していたわけですが、突然、無負荷時にエンスト。ガソリンが少なくはなっていましたが、ガス欠ではなさそう。しかし、念のためガソリンを少し補給し(タンクを掃除したいので、少なくしています(^^;)、再始動を試みますが、なかなかかかりません。

 いろいろやってみましたが、原因が良く分からず、半ば雪に埋もれた状態で、分解を開始しました。コントロールレバー(スロットルレバー)付近のカバー(コントロールカバー、コントロールプレート)、エアクリーナーを外してみます。キャブ付近の状態、においからすると、ガソリンは出ている模様。コントロールレバーを操作したり、カバーなしでエンジンをかけたりいろいろしていると、どうやらコントロールレバー、ガバナアーム、キャブのスロットルの連動に原因がありそうです。直接、キャブのスロットルを手で動かすと、エンジンもかかり、吹け上がりますが、コントロールレバーで操作すると、かかりません。
 ということは、ガバナ関連?ガバナアームシャフトを動かしてみると心持ち重いような?これでいいような?ガバナスプリングが弱くなってるのかな?見たところ、伸びている様子もないし、それなりの張力あるようですが、へたっているのかな?

 懸案になっている、雪が飛ばない一件もあり、ガバナアームの調整をせねば、と思っていたので、燃料タンクを外し、ガバナアームをマニュアルに従い、キャブのスロットルおよびガバナアームシャフトを左いっぱいにして固定。合わせて、コントロールレバー調整スクリュを少し回し、最高回転を少し上げてみました。
 
 結果は…。コントロールレバー全開だと、雪が以前より飛ぶようになりました。エンジンもパワーが出ているようです。以前も、負荷がかかってガバナが回転を上げようとするといい感じになっていましたが、調整後は負荷が低いときでもいい感じです。負荷がかかるとさらにガバナにより、パワーアップします。

 全体として、かなり良くなりました。調整時の感じとしては、ガバナアームの位置が合っていなかった感じがあります。コントロールレバー調整スクリュも回したので、パワーが上がったことは間違いありませんが、最高回転が定格の3600rpmを超えてしまったかもしれないので、早く確認せねば(機材はあるのに、寒くて確認できませんでした…(^^;)。

 ただ、冷静に見てみると少し調子は良くはなりましたが、エンストの原因としては、ちょっと違和感があります。ガバナがスロットル閉状態で動かなかったのであれば、原因だと思いますが、そこまでは重くなかった感じもします。エンストの原因はほかにありそう。アイドリング調整がいちばん怪しいかも。要調査です。念のため、ガバナスプリングを交換すべく、発注しました。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<   D51 549    + HOME +    Fマウント望遠ズーム   >>
Admin + Write
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/28 toropusu]
[10/05 てつ]
[01/30 akio]
[01/23 akio]
[01/10 akio]
最新TB
プロフィール
HN:
tacarbon
性別:
男性
趣味:
史跡めぐり、写真ほか
自己紹介:
まとまりの無いブログですみません…
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]